早漏防止に人気のプリリジーの効果

飲む早漏防止剤プリリジーと外用グッズ

早漏改善方法には、飲んで使う防止剤プリリジーか、外用スプレーやクリームなどのグッツが有効です。
まず防止剤プリリジーは、脳内のセロトニン濃度を高めて気持ちを落ち着かせることで射精までの時間を延ばす内服薬です。世界初の飲む早漏防止剤で、性行為の1~3時間前に服用することで効果を発揮します。ただし、副作用として、頭痛、下痢、吐き気、めまい、などが起こることがあります。特に下痢の副作用の頻度が高く、人によっては激痛を伴う危険性があります。
プリリジーの副作用が怖いならば、外用のグッツを使うという方法があります。ペニスに塗ったり、スプレーして使うグッツです。麻酔作用のある有効成分が入っていて、患部を一時的に麻痺させることで射精を遅らせます。敏感になっている亀頭部を麻痺させる仕組みです。ただし、外用グッツにもデメリットがあります。それは、性器の感度が鈍ることで、性行為時の快感が減ってしまうということです。
ここで一つ注意しておきたいのは、内服薬のプリリジーも外用薬も、どちらも根本的な治療にはならないということです。あくまでも、今回の性行為の時のタイミングを遅らせる効果があるだけで、使わなければ元に戻ってしまいます。確かに、薬を使うことでタイミングが把握出来るようになることもありますが、薬任せで性行為を続けていれば、根本的な早漏の治療にはなりません。
また、前立腺に疾患のある人は外用薬は危険になることがあります。
早漏を改善させるならば、ストップ&スタート法という行動療法がおすすめです。興奮が高まったところで男性が一度我慢して、女性が亀頭部を圧迫させることで、タイミング覚えさせていく改善方法です。道具が必要ないので、気軽に試すことが出来ます。